トップ>お知らせ>WOWOWプラスのオリジナル・プログラム『WOW!iSM』のライブシリーズ「-L!VE- from RITTOR BASE」に神泉系バンド、フレンズが登場!6⽉テレビ初独占放送!

  

WOWOWプラスのオリジナル・プログラム『WOW!iSM』のライブシリーズ「-L!VE- from RITTOR BASE」に神泉系バンド、フレンズが登場!6⽉テレビ初独占放送!

「-L!VE- from RITTOR BASE◇WOW!iSM」は、⾼⽔準の⽴体⾳響設計を誇る「御茶ノ⽔RITTOR BASE」からお届けする上質なライブシリーズ

「WOWOWプラス 映画・ドラマ・スポーツ・⾳楽」は、男⼥混合のメンバーで構成されている神泉系バンド、フレンズ出演のオリジナルライブ番組『フレンズ -L!VE- from RITTOR BASE◇WOW!iSM』を6⽉8⽇(⽔)よる11時から独占送いたします。

220513_01.jpg

男⼥混合のメンバーで構成されている神泉系バンド、フレンズ出演のオリジナルライブ番組『フレンズ -L!VE- from RITTOR BASE◇WOW!iSM』を、6⽉8⽇(⽔)よる11時からWOWOWプラスにてテレビ初独占放送!

番組では「ギター・マガジン」など数々の⾳楽専⾨誌を発⾏する⽼舗、株式会社リットーミュージックとタッグを組み、同社が開設した国内でも⾼い⽔準を誇る⽴体⾳響を実現した空間「御茶ノ⽔ RITTOR BASE」から唯⼀無⼆のパフォーマンスをお届け。放送では⽴体⾳響下で収録されたアーティストの映像・⾳源が疑似体験できる。「御茶ノ⽔ RITTOR BASE」ではアーティストのパフォーマンスを⽴体的に捉えることが可能となる為、あくまで⾳楽そのものの魅⼒にフォーカス。視聴者が⾳楽への没⼊感を得られるよう、またアーティスト⾃⾝もこの環境で⾳楽の深みに没⼊できるように、過度な演出は控え、御茶ノ⽔の地下に集うアーティストたちのプライベートなパフォーマンスを覗き⾒るような⾳楽体験を提供していく。

そんなWOWOWプラスのオリジナルライブシリーズ番組「-L!VE- from RITTOR BASE◇WOW!iSM」に、今回は「神泉系」を掲げ、渋⾕・神泉発の⾳楽が魅⼒となっている男⼥混合で構成されているバンド、フレンズが登場。メンバーは、えみそん(ボーカル)、三浦太郎(ギター/ボーカル)、⻑島涼平(ベース/コーラス)、関⼝塁(ドラムス/コーラス)の4⼈。

フレンズは、ライフスタイル、友情や恋愛を、キャリアもルーツも違う4⼈の絶妙に絡み合うオリジナリティとグルーブとともに多彩なPOP サウンドで表現。観客と⼀緒に楽しみながら作り上げる⾃由で多幸感に溢れるライブが、ココロ踊らせココロに寄り添い、⽼若男⼥問わず⾼い⼈気を集め、唯⼀無⽐なポップアイコンとして、きららかにしなやかに圧倒的なエネルギーを放っている。メンバーそれぞれが⽇本の⾳楽シーンで幅広く活躍する、実績と実⼒を兼ね備えた注⽬のバンドである。

多才なフレンズによるここでしか観られない極上の⾳楽体験をお楽しみに!

■放送番組情報
『フレンズ -L!VE- from RITTOR BASE◇WOW!iSM』
6⽉8⽇(⽔)よる11時
https://www.wowowplus.jp/program/episode.php?prg_cd=CIIDO22001&episode_cd=0001
収録⽇:2022年4⽉19⽇
収録場所:御茶ノ⽔RITTOR BASE

<メンバー>
えみそん(おかもとえみ)
元THEラブ⼈間・ボタン⼯場のメンバーで、現在はソロや科楽特奏隊のエミソンヌとしても活動。数多くのアーティスト・歌⼿・グループに楽曲提供も⾏なっている。

三浦太郎
HOLIDAYS OF SEVENTEENのメンバーでもあり、sumikaのツアーサポートメンバーとしても活動中。

関⼝塁
元The Mirrazメンバーであり、その⾼⾝⻑のスタイルを活かしてモデルとしても活動中。

⻑島涼平
the telephonesのメンバーとして活動しながらも、数多くのアーティストのREC&ライブサポートも⾏なっている。

フレンズ公式サイト https://friends-jpn.com/

■御茶ノ⽔RITTOR BASEとは
楽器の⾳がより良く響くことを第⼀に設計されたRITTOR BASE。
AGSという⾳響拡散体を多数導⼊するとともに、床材にはギターの指板にも使われるローズウッドを採⽤。反射と拡散とが絶妙にブレンドされた⼼地良い響きを演奏者に返していく。⾳響機材は、メイン・スピーカーにGENELEC S360Aとサブ・ウーファーの7380Aを導⼊。またCODA AUDIOの⼩型スピーカーD5-Cubeを8台設置し、スピーカー・レンダリング・システムと組み合わせることで、Dolby Atmosや22.2chといったイマーシブ・オーディオの再⽣も可能。さらにはRITTOER BASEのために組まれた⽴体⾳響リバーブ=Cubic Chiverbにより、教会やホール、洞窟など、さまざまな⾳響空間を作り出すことができる。

御茶ノ⽔RITTOR BASE公式サイト https://rittorbase.jp/

  
  

TOP