トップ>採用情報>2021年度 新卒採用情報>若手社員の声(法人営業局 藤本 茜)

若手社員の声(法人営業局 藤本 茜)

求められる人になりたい。| 藤本 茜 法人営業局 法人営業部/2019年度入社

求められる人になりたい。| 藤本 茜 法人営業局 法人営業部/2019年度入社

学ぶことが山ほどあります。

法人営業部は、ホテルをメインに様々な法人(カーディーラー、外資系オフィス、病院等々)に対して、衛星放送番組供給、海外放送のIP伝送サービス、館内放送のシステムや工事、VODなどの各種コンテンツ販売など幅広いサービスを提供しています。

6月に配属されてからは、最初はホテルとの契約に関する事務業務、営業用の資料作成、見積もりや契約書の作成、稟議や捺印の業務を学び、7月からは新規客・既存客への営業同行し、見積もりやセールス資料の準備を行ったり、サプライヤーへの見積もり依頼や受信手続きをするなどしました。法人営業の全体の流れが見えて来た状況で、8月からは東海・京都エリアを担当しています。他にも海外のサプライヤーに対してマンスリーレポート(ホテル名、客室数などをまとめた資料)を作成し、英語でメールをやり取りしたり、沖縄での展示会でのプロモーションなどを手伝ったりなど、やること、学ぶことが多いです。

お客様の要求に的確に応えていきたい

営業として大事なポイントとしては、そのホテルだけを見るのではなくて、立地や系列、競合環境などを総合的にとらえておく必要があります。お客様の競合他社との違いや差別化ポイントを把握した上で、お客様にとっては当社に聞けばなんでもわかるということを大切にしています。
システムだけ、自社のチャンネルだけ、VODだけということではなく、テレビの販売、工事の請負なども含めて、客室での映像サービスをワンストップで提供しています。まさにオンリーワンの存在でありその分覚えることも山ほどありますが、知識や実績がある分だけ、様々な要望に応えることができるということを実感しますし、自分自身がお客様に求められる営業になりたいと強く感じています。
営業として、新規契約を獲得したいですし、コンペで勝って売上を上げたいと思っています。先輩方が大きな案件に取り組んでいることを身近で学び、強い刺激も感じています。部の雰囲気としてはメンバーを互いに気遣いながら相談して決めたり、互いにほめあうなど、独特の温かい感じが好きです。

就活中の皆さんへ

藤本 茜 法人営業局

有名な会社とか、待遇とかで会社を比較検討するのではなく、やりたいこと、興味のある分野、自分が長く続けていけるのかを自分としては大切な軸として活動したこともあり、やはり自分の価値観を大切にしてもらいたいと思います。
エンターテインメント関連企業はそもそも門戸も狭いし、友達が有名企業や人気企業に入ったりして、焦ったりすることもありましたが、結果的には自分が興味のある分野で仕事ができていることにやりがいを感じています。周囲に流されずに後悔のないようにやり切ってください。

応募はこちら!

マイナビ2021

3月1日にエントリー受付を開始しました。
エントリーシート提出期限は3月27日です。
ご応募お待ちしています。


TOP