トップ>事業内容>BS/CSデジタル衛星放送、放送番組の企画・編成、自社番組制作>放送番組の編集の基準

放送番組の編集の基準

株式会社WOWOWプラスは放送法第1条の精神の則り、人権を守り、法と社会秩序を尊重し、民主主義の実現を目的とする。 また、放送の公 共性及び社会性の重要性を鑑み、国民がよりよい地球環境の下、平和で心身共に健全で安全且つ持続可能な国民生活を過ごせる世界の実現に寄与する。国民の共 有の財産である電波を使った事業であることを認識し、放送番組の編成を行う。具体的な番組編成については以下に掲げる基本方針に基づくものとする。

基本方針

1.人権:基本的人権を尊重する。

(ア) 民主主義の原則に基づき、公平で平和な自由社会の維持に努める。

(イ) 人命を重視し、個人・団体の名誉、プライバシーを尊重する。

(ウ) 人種、性別、職業、境遇、信条を如何なる理由でも差別しない。

2.法と政治:自主独立・不偏不党を堅持する。

(ア) 公正な言論・表現の自由を遵守し、事実の伝達と品位のある放送を行う。

(イ) 順法の精神を尊び、非社会的な行為を肯定的に扱ったり、不安を煽ったりしない。

(ウ) 政治や意見の分かれる問題については、極力多くの意見を取入れ、中立公平な立場を堅持する。

(エ) 国際親善を害する虞のある問題や、人種、民族、国家に関することについては、その取り扱いに注意する。

3.未成年者への配慮:未成年者の健全な発育に資する。

(ア) 児童及び青少年の人格形成に対する影響を最大限考慮し、健全な精神を尊重させるよう配慮する。

(イ) 法律で未成年者に禁じられている行為や、社会常識を逸脱した行為を正当化することのないようにする。

(ウ) 暴力や武力の表現や、未成年者に過度の影響を与えるような言葉や表現には格別に配慮する。

(エ) 性に関する事柄については、未成年者の人格形成や健全な精神の発育に特に配慮する。

4.社会と家庭:公共の福祉と文化の向上に寄与する。

(ア) 自然環境を守り、持続可能な循環型社会に寄与し、産業・経済の発展と家庭生活の充実に貢献する。

(イ) 公序良俗を乱すような思想や言動、犯罪や賭博、反社会的団体・行為を肯定的に取り扱わない。

(ウ) 信教の自由を尊重し、公平な取り扱いを行う。また特定の宗教のための活動は行わない。

5.広告:広告宣伝を取り扱う際は、真実を伝えることに細心の注意を払う。

(ア) 広告を放送するにあたり、広告主の事業繁栄に寄与するとともに、視聴者の利益を守り健全な社会生活や未成年の育成に資するものを放送する。

(イ) 広告の内容、表現、取り扱い等については関係法令を遵守する。

(ウ) 広告は視聴者に誤解を与えず、社会的常識を持ったものを取り扱う。また広告主を明らかにし、責任の所在を明確にする。

Business

事業内容


TOP